大豆ミートは環境に優しい食品か

大豆ミートと動物肉はそれぞれ商品としてお店に陳列されるまでの過程で、環境に何か影響を与えているのか、環境への悪影響を及ぼすことがあるのかということについて書いていきたいと思います。なぜ大豆ミートが環境に優しい食品なのかをご理解いただけます。

   

牛肉は環境への影響が大きい肉?

既に有名な話ではありますが、「ウシのゲップが環境に悪い」という話を耳にしたことはないでしょうか?これはウシのゲップの主成分が「メタンガス」であり、このメタンガスが地球温暖化を促進させる温室効果ガスの一種であるためです。
近年、各国が「20××年までに○%の二酸化炭素の削減」というような目標を掲げていますが、メタンガスは単位当たりの温室効果では二酸化炭素の25倍以上であると考えられており、温室効果ガス削減を目標とする上で無視できない存在です。更にこのメタンガスのうち27%、温室効果ガス排出の全体のうち約4%が家畜であるウシのゲップによるものであるとされています。
ウシのゲップごときと思ってしまいがちですが、世界規模でみると地球環境に影響を与えていることが数字として表れています。

ウシのゲップにメタンガスが含まれるわけ

ウシは反芻動物と呼ばれ、食べ物を消化する際に身体にある4つの胃を使って、長い時間をかけて消化を進めていきます。この時、消化される食べ物(主に植物)は胃の中で発酵した状態となり、大量のメタンガスが発生している状態となるのです。
1頭のウシが1日に排出するメタンガスの量はおおよそ300リットルから500リットルにも及ぶとされており、世界には約15億頭のウシが存在されているので、この数字から温暖化に影響を与えているというのも納得できると思います。
近年では、このウシのゲップのメタンガス削減の対策として、特別な飼料を使用し、品種改良を行った「低メタン牛」の生産や、排泄物管理の徹底など様々な改善策へのチャレンジが行われています。

大豆ミートが環境に与える影響は?

大豆ミートは動物肉と比較しても環境への負荷が少ない

ここまでではウシのゲップに含まれるメタンガスが環境負荷を促進し、地球温暖化へ影響を与えるような記載をしてきましたが、牛以外の豚や鳥等を家畜として育てる際にも肥料として大量の穀物が必要となり、その穀物を生産するには更に大量の水が必要となります。水が貴重な資源である国では、水資源の枯渇にもつながり、無視できない問題となっているのも事実です。
その点、大豆ミートの生産過程でメタンガスのように環境に負荷を与えるような物質は発生せず、また、大豆の生産に使用する水の量も家畜動物を育てる際と比べておおよそ10分の1程度の水消費で済ませる事が出来ます。

今後大豆ミートやその他植物肉の生産量、市場への流通量を増やしていくことは地球環境に対しての負荷の面からも必要な事であると考えられます。

大豆ミートの詳しい製造方法等については、以下のHPリンクボタンからお問い合わせください。