大豆ミートの製造機器とは【大豆ミートプロセッサー②】

今話題の大豆ミートなどの植物肉の生産に使われる「エクストルーダー」と呼ばれる機械の説明と植物性タンパクの生産に特化した菱熱工業の「大豆ミートプロセッサー」について本記事で紹介していきます。

   

大豆ミートの成形方法について

今回ご説明するのは大豆ミートの成形の方法についてです。
大豆ミートプロセッサーには高温高圧下で脱脂大豆粉と水を混ぜ、繊維状の大豆ミートとなって機械から吐出される部分に「ダイ」と呼ばれる部品があり、そこを通過して成形されます。
大豆ミートの形や食感を決めるのはこのダイの部分であり、この部品の機能の違いによって生産される大豆ミートの形や食感の違いが出てきます。

ダイの違いにより生産される大豆ミートの特徴について

こちらのダイと呼ばれる部品について、一般的に用いられるのは「丸穴ダイ」と呼ばれるもので、こちらを利用して大豆ミートの生産を行うとミンチ肉のような食感に近い大豆ミートが生産されます。
この一般的なダイに加えて、菱熱工業の大豆ミートプロセッサーでは様々な工夫を凝らしたオリジナルのダイをご用意しています。
そのダイの使い分けにより、従来のミンチ肉の食感の大豆ミートに加えてイカのようなつるっとした食感に近い大豆ミートやホルモン肉のような弾力のある食感の大豆ミートの生産に成功しました。
大豆ミート製品の食感にオリジナル性を持たせるには、加工以前の状態からオリジナル性を持たせることで唯一無二の食感の大豆ミートを作ることが出来るでしょう。

まとめ

大豆ミートは機械で作成する段階から工夫を凝らすことにより、様々な食感に仕上げる事が出来ます。
大豆ミートプロセッサー、大豆ミートの作製に興味のある方はホームページよりお問い合わせください。

好きな作者に投票して作者No1を決めよう!投票受付中