大豆ミートとは【代替食品のメリット・デメリットも解説】

最近テレビや新聞などのメディアや街中で「大豆ミート」という言葉を目にする機会が多くなったと思います。最近でこそ多くの人に認知されはじめている大豆ミートですが、2年程前までは日本での認知度は低く「大豆ミート」という言葉を聞いてもその見た目や味の想像がつく人はほとんどいなかったはずです。
今回は大豆ミートとはそもそも何なのか、それから大豆ミート以外の植物肉についても簡単に紹介していきたいと思います。

   

大豆ミートとはそもそも何なのか?

そもそも大豆ミートって何?【大豆ミートの材料と製造】

「そもそも大豆ミートとは何なのか?」という一番初めのところからお話していきます。大豆ミートとは、文字の通り大豆を原料として肉のような見た目と食感に加工した“代替肉”です。別名で「ソイミート」とも呼ばれています。大豆ミートを作るときには、一般的な豆粒の状態からではなく、“脱脂大豆粉”と呼ばれる大豆そのものから油分を取り除いた粉末状のものを使います。
専用の機械を使用して高温高圧の状態で脱脂大豆粉に水を加えて練りこむことで肉のような繊維質になった大豆ミートが出来上がります。ここで出来上がったものをハンバーグや唐揚げなど食品の状態に加工していくことで、飲食店や店頭で見る大豆ミート食品の完成となります。

大豆ミート以外の様々な代替食品(代替食品のメリット・デメリット)

身近な代替食品の例

先程、大豆ミートを“代替肉”であると説明しましたが、他にも代替食品は意外と皆さんの身近なところで活躍しています。
例えば、マーガリンはもともとバターの代替品として考案されたものです。バターは動物系の原材料(牛乳)から作られるのに対して、マーガリンは植物系の原材料(大豆・コーン油等)から作られてるという違いがあります。
他には蟹の代替食品の「カニカマ」、ビールの代替食品の「発泡酒」など、本来の食品と同じくらいの需要があるような代替食品も世の中には出回っています。

代替食品を活用するメリット・デメリット

代替食品を活用する事には以下のようなメリットがあります。
・本来の食材に比べて低コストでの購入が可能である
・アレルギーのある方やヴィーガンの方でも、味や食感の類似した代替食品なら食べられる
・本来の食品から代替食品に置き換えることで摂取カロリーなどを抑えられる

一方で以下のようなデメリットも挙げられます。
・味はどうしても本来の食品に劣る
・栄養バランスが悪くなる
・調理方法が限られる

今後の食を支える大豆ミート

大豆ミートとは何かご理解いただけたでしょうか。
技術の進歩により、昨今の世の中では様々な代替食品が誕生しています。
中でも大豆ミートは食糧危機の問題が危惧される中で、これから更なる普及と活躍が期待されるでしょう。
また、食の多様性や健康志向の高まりに柔軟に対応できており、今後メインとなる食材になるかもしれません。
食のニーズに合わせた大豆ミートをご検討の方は、是非下のボタンからご相談ください。

好きな作者に投票して作者No1を決めよう!投票受付中