排熱から発電を|工場エネルギーの再利用

工場では様々な機械による発熱を排出するため、ガス調理器具の熱を排出するために、多くの排気設備が使用されています。SDGsなど環境問題が注目を集める中、工場などで排出される高温の排気をそのまま排出するのではなく、温度差により発電する発電熱電モジュールにを使用し電力の有効活用できることはご存知でしょうか。

 

目 次

なぜIoT用自立電源が必要か

IoT用無線センサネットワーク構築が急伸中
⇒信号線や電力線の敷設が困難な場所にも設置が必要
⇒熱電発電等のエナジーハーベスティングによる自立電源技術が必須になる

自立電源開発の狙い

・安全・安定操業
・省エネ
・省人化、危険作業提言
・ケーブルなどの生涯コスト半減

システムの特徴と社会的意義

低温排熱を活用した発電によるシステム
エネルギーロスを減らしSDGs、気球温暖化抑制、2050年カーボンニュートラル
分散型自立電源会社の構築に貢献(省エネ、CO2削減)
企業価値の向上

電力用途、経済性

作業環境改善(送風機、除湿器の運転)
メンテナンス用電源(照明、洗浄)
工場の補助電力として蓄電池によるピークカットからの省エネ

好きな作者に投票して作者No1を決めよう!投票受付中