映写機の進化による映写室の環境改善とは

映画館の映写システムはここ10年ちょっとで大きく変わりました。上映の仕組みはフィルムからデジタルへ。光源もランプからレーザーの時代へ。
でも、設備は昔のフィルム・ランプ時代からいじっていないケースが多いと思います。

映写機は最新のものが備わっていても、設備が旧式のせいで、もったいないことになっていませんか?

   

フィルムからデジタルへの進化

加湿器は不要は使わなくてOK

今の時代、シネコンと呼ばれる映画館では、フィルムを使って上映している劇場はほとんどないと思いますが、

10年ちょっと前まではフィルムを使って上映していました。
昔は、映写室に入ると物凄い数のスタッフの方がいたのを覚えていますが、

デジタルに変わってからは、映写室にスタッフの方がいるのを見かけることはほとんど無くなりました。
見えないところで省人化が進んでいますね。

そんな映写室ですが、昔は加湿器を使って映写室内の湿度を一定に保っていました。
静電気でフィルムがくっつくのを防止するためだったかと思います。

しかし、今はデジタル映写機になり、データで映像を管理しているため、
湿度コントロールが不要になりました。

昔の名残で、加湿器の運転を行っている劇場は、加湿器をOFFにしても問題ありませんので
(機械的に。映写機とは関係なく加湿コントロールが必要になるかどうかはご確認ください。わからなければお問合せフォームからご連絡ください)
水道代と電気代の節約を行いましょう。

ランプからレーザーへの進化

映写機の光源は、まだランプが主流ですが、少しずつレーザータイプの映写機が各シネコンで採用され始めてきました。

今までのランプ式の映写機は、上映時に物凄い熱を発生させるために、
映写機に排気ダクトを接続して、熱を排気する設備が必要でした。
(昔ながらの焼き肉屋さんによくある、天井から各テーブルまで伸びてきている筒と同じようなモノですね)

レーザータイプの映写機は、発熱がほぼ出なくなるため、映写機に排気ダクトを接続する必要がなくなります。
そのため、映写機の排気ダクトは不要になりますので、
排気を止めることでファンの電気代が節約できることになります。

映写機の排気をただ止めるだけでは不十分

映写機の排気する風はどこからくる風なのか

映写機の排熱を排気する仕組みとして、排気をするためには必ず給気が必要になってきます。
映写室の換気の仕組みは、ほとんどの映画館が第1種換気を採用しております。

映写機の排気を行うために、どこからか給気がされているということになりますが、
映写機の排気は不要になったのなら、給気ももう不要になりますね。
(あくまで、映写機の排熱計画となります。人員当たりの換気計画とは別になります。)

↓換気の第1種換気って何?という方は下部のリンクから確認してみてください。
『換気の種類を解説 第1種換気とは』

エアバランスを意識して、良い上映環境と省エネを意識しよう

では、映写室の給気はどこからくるのかというと

映画を見ているシネマ内から映写室に風を送っている場合がほとんどです。


映写機の排気までの風の流れとしては、
外気→シネマ内→映写室→外部という流れになります。

ということは、映写室→外部の風の流れだけを遮ってしまうと、
外気→シネマ内に入り続ける事になってしまい、最悪の場合エアバランスが崩れてしまいます。

エアバランスが崩れた場合の対策はこちら↓
『エアバランスの崩れた場合の対策方法』



外気からシネマに入る外気の量を調整してあげることで、
シネマ内のエアバランスが改善され、

外気の暑さ・寒さの影響を受けにくくなりますので、
省エネにも繋がります!

まとめ

映写機の進化は良いことばかりです。

せっかく映写機が進化しているのですから、
設備もその進化に見合うよう、調整をしてあげる必要がありますね。

言っていることはわかるけれど、どの設備を調整すればいいかわからない。
という方は、お問合せフォームから連絡してみてください。

または、TwitterからのDMでも可能です!

よろしくお願いします!

好きな作者に投票して作者No1を決めよう!投票受付中