日本と海外の大豆ミートを比較

大豆ミート・植物肉は海外ではとても大きな市場となっています。
その背景にはどういった事があるのかまとめました。

   

日本の数歩先を行く海外の大豆ミート市場

大豆ミートの最前線はアメリカ

アメリカには大豆ミート市場を牽引する2大企業があります。「ビヨンド・ミート」と「インポッシブル・フーズ」の2社です。
この2社の活躍により、海外では大豆ミート市場が2019年頃から急拡大、急成長を見せました。
ビヨンドミート社は大豆に加え、エンドウ豆や緑豆を主原料とした大豆ミートの製造をしています。インポッシブルフーズではココナッツオイル由来の脂質を利用したり、肉らしさの再現のために大豆と酵母から生産をするヘムを利用した植物肉が特徴です。

大豆ミートはなぜアメリカで流行した??

大豆ミートがアメリカで市場を拡大した大きな要因と考えられるのがアメリカ人の健康問題です。アメリカでは長年国民の「栄養と食」が問題視されており、アメリカ人が発病するガンや心臓病などの病気は食生活に理由があると指摘されていました。
高カロリーな食生活により2015年には25歳以上の男性の75%、女性の67%が肥満であると発表されました。
その状況を打破するために食生活の見直しで野菜を多く摂取することが推奨されるようになり、また、従来の動物肉からヘルシーな大豆ミートに食事を置き換えるという点で大豆ミートがアメリカの国民に刺さり、市場の拡大につながったと考えられます。

植物肉のビーガン需要

タイでの大豆ミートの流行

近頃、タイでも大豆ミート市場は拡大を見せています。この市場拡大は世界最速ペースとも言われるほどです。
タイではビーガン、厳格なベジタリアンの人が多く、動物性食品を控える人が多い傾向があります。この層の人たちが植物肉を食べ始めたのがきっかけで、現在では一般家庭まで消費が広がっている。市場の拡大についても2021年だけでも10数社が市場参入に意欲を示し、コロナウイルスの蔓延により高まった健康意識や環境への配慮への関心もあり、タイでの代替肉市場の拡大は加速していくと考えられるでしょう。

まとめ

今回は海外での大豆ミート市場について説明しました。
今後もアンテナを張り、国内、海外問わず植物肉に関して新たな動きや面白い動きがあった時には記事をアップしたいと思います。

好きな作者に投票して作者No1を決めよう!投票受付中