植物工場の種類

今回は植物工場の種類について解説したいと思います。
植物工場と一口にいっても様々なタイプの工場があります。
大きく分けると、完全人工光型と太陽光利用型の2つに分類されます。それぞれの特徴をチェックしてみましょう。

   

完全人工光型植物工場とは

完全人工光型植物工場では、野菜の光合成の光源として人工光を活用します。人工光としては近年ではほとんどの工場でLEDが採用されています。
また、外界の影響を受けないように閉鎖された環境で野菜を栽培します。

長所は、天候に左右されないため季節に関係なく収量を高め、なおかつ安定的に生産することができる点です。
設置場所にもほとんど制限がありません。また、閉鎖環境で栽培するため、野菜に虫が付着することを防止できます。
とくに虫など異物混入の影響が大きい業務加工用の野菜にとっては大きなメリットとなります。
さらに、閉鎖された施設内では衛生的に管理することが比較的容易になります。

短所は、閉鎖された環境を作るためにしっかりとした建屋を建設する必要がありイニシャルコストが高くなる点があげられます。
また、光合成のために使用するLEDの電気代などのランニングコストも割高となってしまいます。

太陽光利用型植物工場とは

太陽光利用型植物工場はビニールハウスやガラスハウスの中で野菜を栽培します。
ビニールハウスやガラスハウスを透過した太陽光を利用して光合成を行います。

完全人工光型と比較したときの長所は、イニシャルコスト、ランニングコストの低減です。
自然光を利用するため、光源に電気代がかからず、光熱費を低く抑えることができます。
また、太陽光は様々な波長域をふくむため、様々な品種の野菜を栽培することに向いています。

一方、短所としては生産が安定しない点があげられます。
完全人工光型植物工場のように完全に閉鎖された環境をつくることは難しいため天候など外界の影響を受けることになります。
太陽光を活用するため、日照不足が続くと当然生産量が少なくなります。
また気温の上下によっても生育が早くなったり遅くなったりするため生産量を安定させることが難しくなります。
工場管理者の技量についても高いものが求められます。
また、完全に閉鎖された環境ではないため、虫など異物混入を完全に塞ぐことが難しくなります。

まとめ

今回は、完全人工光型植物工場と太陽光利用型植物工場の特徴についてまとめました。
いろんな品種を栽培したい、レベルの高い衛生管理下で野菜を生産したい、とにかくコストを抑えたい、虫などの異物混入を防止したい、農業経験者でなくても運営できる工場が良いなど、もとめる野菜の品質、事業の目的は様々だと思います。
その目的に適した栽培方式を選択する必要があります。