落ちないカビの落とし方|良くない落とし方から効果的な落とし方まで解説

今回はなかなか落ちないカビについて、発生の原因、落とし方の具体例、注意点をお話していきます。
適切な落とし方を知ることで、今まで落ちなかったカビがきれいになり、物が長持ちし、再発も防ぐことができます。

   

カビが発生してしまう原因

カビは何の汚れなのか

よく見る「カビ」と呼ばれる汚れは、有機物質上に垢のように沸き出てくる微生物の集団(コロニー)が正体です。
キノコと同じ菌類の一部で、食品、衣料品、住居を構成する木材など、様々な場所に発生します。

どこで発生しやすい?カビが好む環境とは

しかし、どこもかしこもカビまみれ、とはなりませんよね。
カビには、できやすい環境があるのです。
具体的には以下の環境がカビが発生しやすい条件となります。
温度: 0~40℃(特に20~30℃)
湿度: 80%以上
栄養: 特に食物・埃・垢
酸素: 1%以上
上記の条件を満たさないようにすればカビは発生しにくくなります。
とはいえ、ヒトにも酸素は必要ですし、ありとあらゆるものを栄養とするカビを完全に無くすというのは非常に困難だと考えられます。

防カビの仕方

水分の調整が重要

しかし、完全に無くさずとも、カビを発生しにくくすることは可能です。
条件の中で、気温・栄養・酸素での対策は難しい。
となれば湿度での対策が一番効果的です。
そして以下のような様々な対策方法があります。
・窓を開け、こまめに換気を行う
・エアコンで湿度を60%以下に下げる
・物を置きすぎず、風通しを良くする
・除湿器、除湿剤の設置
・窓の断熱シート貼り付け、結露防止スプレーによる結露の防止

このようにできる対策からどんどん始めていきましょう!

カビが発生してしまったら:落とし方

やってはいけない落とし方の具体例

防カビをしっかり行っていてもカビが発生することはあります。
カビを落とし始める前に、カビが発生してしまった時にやってはいけないことを紹介します。
・スプレーの吹きかけ(カビの胞子が広がります)
・掃除機(排気口から胞子が出ていき広がります)
・濡れた布でふき取る(水分はカビの好物です)
・お酢でふき取る(お酢はカビの栄養源です)
上記のように吹きかけたりむやみに擦る行為はあまり適切ではありません。

正しい落とし方の具体例

正しい対処法のポイントは薬剤の浸透と乾燥です。
・壁や天井は塩素系漂白剤(色がある場合は重曹、エタノール、クエン酸)を染み込ませた紙を貼り、浸透させる
・フローリングは無水エタノールを染み込ませた布で乾拭きする
・衣類や布製品は重曹水とエタノールを浸透、乾燥、天日干し
・水回りは水気を取ってから塩素系漂白剤を染み込ませたスポンジを押し当てる
カビには塩素系漂白剤が一番効果的ですが、素材を傷めやすいデメリットがあるため、中性・酸素系の薬剤を適宜使うことが重要です。

カビがどうしても落ちないとき

薬剤をしっかり染み込ませた、それでも落ちない。そういう時は専門の方に相談するのも手です。
むやみに試すと繊細なものや大事なものが傷んでしまったり、汚れが悪化する原因にもなります。
専用の薬剤・方法で落とすことは快適な環境をつくり、モノを長持ちさせます。