全熱交換器の効果/おすすめの設置環境とは

全熱交換器という言葉を耳にすることが多くなりました。
省エネ性、室温の維持がしやすいところに注目を集めております。
物価が上昇する中、電気代・ガス代を如何に下げるかを気にする方も多いかと思います。

その中の選択肢として、全熱交換器が果たしてどのような環境で効果を発揮するのか、
改めて確認していきましょう。
全熱交換器導入をお考えの方には、是非読んでいただきたい内容となっております。

   

全熱交換器とは

全熱交換器の仕組み

全熱交換器とは、省エネ効果のある換気設備になります。
換気は、室内の空気を屋外へ排出し、屋外の新鮮な空気を取り込むことを言います。
夏場の場合、その際にエアコンにより冷やされた室内の空気を、外に捨ててしまっており、排出された空気の量だけエネルギーが無駄になっているのです。
また室内に入ってくる空気も屋外の比較的高温多湿の空気であり、エアコンはまたその分室内を冷やそうと運転しなければなりません。
無駄にしたくないという理由で換気をゼロにはできない為、その中で排出する空気内のエネルギーを再利用しようと開発されたのが、全熱交換器です。

冬場でも同様に、暖かい空気が捨てられておりますので、エネルギーが無駄になっている状態です。

全熱交換器は名前の通り、熱交換を行いながら換気する機器になります。
熱交換とは、実際にどのような仕組みなのでしょうか。
熱交換を行うエレメントと言われる部分は、特殊加工紙で作られています。この特殊加工紙は、熱と湿度を伝達する特殊な性質を持っており、この熱通過性と透湿性を利用して、外気と排気する空気がエレメントを通過する際に温度(顕熱)と湿度(潜熱)の交換が行われ、およそ70%のエネルギーが回収できます。
つまり全熱交換器を用いない通常換気と比べ、通常の30%のエネルギーで換気ができます。
全熱交換器の方式によって異なりますが、外気と排気する空気はエレメント内で混ざることなく、常に新鮮な空気を供給することが可能です。

効果的な設置環境とは

適した環境の例

全熱交換器が適する設置環境を2つご紹介致します。
●夏は部屋を涼しく、冬は部屋を暖かく、きちんと室温を維持したいお部屋に向いている商品です。換気することで室内の室温と温度差の大きい空気が入り込む時に、より効果を発揮します。
●もう一つは上記の条件に加え、換気量が多い場合です。換気量が多いとは、例えば劇場のような室内の在室人数が多いほど、換気量が多い傾向にあります。換気量が多く、捨てる空気も多いのでより全熱交換器の効果を得やすい環境になります
●また顕熱交換器というものもあります。こちらは温度のエネルギーは熱交換させ、湿度はエネルギーは捨てたい換気の場合に用いられます。具体的には、室内プール等室内が高湿度の場合、カビ対策の為、湿度を屋外に排出したいところですが、全熱交換器を用いてしまうと温度に加え湿度も熱交換され比較的高湿度の空気が室内に供給されてしまいます。こちらはエレメント素材が透湿性のないプラスチック系の素材で作られています。

適さない環境の例

続いて効果を発揮しにくい設置環境を見ていきましょう。
●外気温に関わらず、年中似たような室温を維持している環境です。
例えば厨房ですが、ガスコンロ等で夏場は大変暑いかと思います。環境改善する際に全熱交換器を用いても効果はほぼ見込めないです。厨房室内の熱気を全熱交換器を通して屋外に捨て、特に暑くなる夏季の温度の高い外気と熱交換をしても室内に供給される空気の温度が下がることは考えにくいです。
また冬場も排熱で比較的暖かい室温の際に、室内の空気を外に排出し、屋外の涼しい空気を熱交換してしまい、外気で室内温度を下げるということができなくなってしまう場合があります。

全熱交換器は設置条件が大切。安易に導入しないこと!

換気、省エネといえば全熱交換器という風潮が昨今目立つようになりました。
全熱交換器は確かに省エネ性が高いの換気設備です。
しかし、設置環境を検証せず安易に設置してしまうと思うような効果が得られない場合があります。

室内温度と外気温度の差によって効果が変わってきます。検証は簡単にはできませんが、専門家に相談することで妥当性を確認することもできます。
詳しい方に相談することを推奨いたします。

好きな作者に投票して作者No1を決めよう!投票受付中
作者名
設備
設備の仕組み解説の館